メールマーケティング成功術

 

もし、あなたがメールマガジンを運営していて
「解除率ばかり高くて、ちっとも反応がない」
「毎日記事を更新しているのに、なぜ、商品が売れないんだ!」
「無料プレゼントやオファーはダウンロードしてくれるけど、有料になるとさっぱりだ!」
と悩んでいるのであれば、この手紙は読むだけであなたの悩みを
解決することになるでしょう。
ザルからバケツへ――
受け皿である読者さんたちを、あなたの信者にする秘訣がこの中に書かれています。
もう、メールマガジンで空しい思いをするのは終わりです・・・

 


 
 
 
 
一般的に、読者さんたちをアツい見込み客にする方法には2点あると言われています。
 
 
1つは、「読者さんのタメになる情報を提供する」ということです。
 
 
無料レポート、無料メール講座などでメールアドレスを残してもらい。
 
 
“将来の見込み客”とするべく、読者さんたちをメールで“教育”するために
有益な情報を流して、興味を引きます。
 
 
属性は間違っていないのが前提であれば、
ある程度興味を示してくれているようなのですが・・・。
 
 
お客さんの心を引き寄せるには時間が必要です。
 
 
それまでに、あなたがネタ切れを起こすリスクも否定できません。
 
 
やっと少しレスポンスが得られるようになったと思ったら、
今度はネタが切れてメールが前のように書けないことに!
毎日更新していたのが、一日、二日、三日と休んだり、飛び飛び更新になったり。
それでいつの間にか読者数も減っていて、
スランプに余計に拍車がかかることになります。
一生懸命勉強して、自分が体得したノウハウを提供して。
読者さんは喜んでくれていたようだけれど、
頑張っているあなたを あなた自身が楽しませることができずに枯渇してしまう
・・・というのもありがちな事実です。
2つ目は、「メールの開封率や商品の成約率を上げるために、時間帯や頻度を考える」です。
企業向けのメールなら、朝の仕事が一息つく頃である、11時が良い。
サラリーマン向けなら、帰宅して晩飯を終え、
風呂からあがって一息ついた頃の21時〜10時が良い。
成約率を高めるには、9時、12時、15時、18時。
特に21時以降が良いようだ。
金曜日の夜、土曜日の夜は成約率が特に高ようだ。
いや、雨の日もなかなか見捨てたもんじゃないぞ。
毎日送るのは、読者さんにとって迷惑になることもある。
やはり月〜金など、決まった日の方がいいかもしれない。
いや、そんなことない。
読者さんとつながりを持つには毎日更新がいいんだ・・・等など。
各起業家さんのノウハウを見てみれば、色んなことが言われています。
いくら、マニュアル通り、時間に気を使ってメールを送信しても、
迷惑メールフォルダに入っていたり、件名で興味をひけなくて 読まれなかったり・・・
と、実際は思うようにいかないことがたくさんあります。
そこで、最近ではメールが迷惑フォルダに紛れないように
「フォルダー分けをお願いします」とメールの最後でお願いしていますが、
この一文も、開封されなければ、読者さんには伝わりません。
「面白い、ためになると思ったら、フォルダー分けもするし。
毎日送られてきても、ちゃんと読んでいます」
これは、ある保険会社のメールマガジンの読者アンケートのコメントのひとつです。
元々、文章を書くのは好きな方だ。
だから、記事を書くのはそんなに苦痛ではない。
読者さんのタメになる情報を盛り込んでいる。
できるだけ、毎日メルマガやブログも更新するようにしている。
ターゲットに合わせて、
時間や頻度、タイミングにも気を配って配信している。
なのに、なかなか思ったような結果が出ない。
「俺がこれだけ、苦労して書いているのに・・・」
「読者さんと相性悪いなと思う・・・」
あまりの反応の薄さに疑心暗鬼になり、後ろめたい思いを
抱いたことのある起業家さんも少なくないようです。

 

 
 

 
 
それにしても、読者さんのライフスタイルに気を配ったり、
読者さんのタメになるような情報を選んでお届けしているのに、
 
 
効果がイマイチだなんて、おかしいと思いませんか?
 
 
どの先輩起業家さんも「読者さんのために」を連呼していますが、
まだビジネスが軌道にのっていない、
頑張っているあなたは置いてけぼりを喰らっています。
普段はサラリーマンをしていて、時間も自由もない。
お金だって、大蔵大臣である奥さんから渡される小遣いの中から捻出して、
サーバー代やメール配信スタンド代をやりくりしていて。
ハッキリ言ってお金に余裕があるわけじゃない。
会社は副業を禁止しているので、もちろん、このことは内緒だ。
色々と制限のある中、これでも努力している。
本音を言えば、身も心もカツカツで、
読者さんを思いやれる心なんてこれっぽちもない。
実は成功している先輩起業家と、
発展途上段階であるあなたの現実は違います。
使える時間とお金、インターネットの知識、人脈、メンタルの強さ、ビジネスのセンス・・・
人間であれば、顔も性格も、思考も違うのは当たり前ですが。
ネットビジネスにおける先輩起業家
とあなたが持っているリソースは異なります。
また、先輩起業家も駆け出しのころ、
大半の方はこれらのリソースに不足していました。
では、先輩起業家はリソースがまだ不足していたころ、
どうやって 今の成功を築いたかということですが・・・。
本当は誰でも気付いていて、あえて誰も口にしないことなのですが、
「読者さんのため」という歯の浮くような偽善者的な考えではありません。
もしかしたら、あなたも本当は気付いているけれど。
少し勇気がいるので、見過ごしてきたかもしれません。
もはや常識になりつつありますが、メールが読まれない。
読者さんがいつまでも読者のままでいる真の原因は
“あなた自身”のオリジナルが見えてこないことにあります。
「成功するには成功者のマネをすればいい」
とは、一時期もてはやされた成功哲学で、決して間違ってはいないのですが、
人にはそれぞれ得意分野・不得意分野があることから、
最近では?マークがついています。
しかし、いくら等身大の“あなた自身”をアピールすればいいと言っても、
「俺俺」「私私」で自己主張の塊のようなメールを毎回送られてくるのでは。
あなたが読者さんの立場にたってみればお分かりのように、
「ウザい」と感じるでしょう。

 


 

 
 
人づきあいは苦手。
話すのは苦手だけど、文章ならその10倍は自己表現できる。
 
 
サラリーマンだけの生き方は不安だから、
ネットで得意の文章を活かそうと思った。
 
 
他人には決して言えない。

ネットビジネスを立ち上げる際の悔しさやイラ立ち。

 
 
ともすれば、人間嫌いになりそうな憂鬱感。
 
 
色々なマニュアルを勉強して実践し、
ネットマーケティングの基本は習得した。
基本は習得したけど、そこから脱皮ができない――!!
メールマーケティングを展開する上で、
顔から火が出そうな失敗を繰り返し、
「ああ、もうやめようか」と何度も挫折しました。
「どうやったらメールで読者さんからレスポンスをもらえるようになるかな?」
ただ、それをひたすら追求し、やっと応えてくれるようになった。
そして、メールマガジンで
爆発的な売り上げをあげることができるようになった!
今までの戒めと、
あなたに同じ失敗をしてほしくないという思いでガイドライン化しました。


※画像はイメージです
ダウロード版PDF30ページ



※本商品は全ての方に効果があることを保証するもの
ではありません。効果には個人差があります。

さり気にメールであなた自身の個性を発揮でき。
読者さんの心を掴んで、
見込み客からリピーター、信者へと変える方法です。

 


 
 
ここまで読んでくれているあなたは、真剣に悩んでいて、
真剣に 得意な文章でネットビジネスを軌道に乗せたいと思っている。
 
 
石のように動かない人間の心を文章ひとつで動かしたいと思っている。
 
 
レスポンスの出る文章を書ける人材はビジネスにおいては希少価値。
だから、文章で飯が食えるようになりたい。
 
 
そして、いつでもサラリーマンを辞めることができる
土台を作れるようになっていたい。
そんな人だと信じてお話しいたします。
これからお話しすることは、
今まであなたが信じてきたこととは真逆のことかもしれません。
どうか、ショックを受けないでお聞きください・・・

 


 
 
アメリカから日本にネットビジネスがもたらされたのは2005年頃ですが、
今ではその頃に比べて情報量はケタ違いに膨大なものになりました。
 
 
その洪水のような情報の中から、縁あり、当時の心の琴線に触れたものを
あなたは手に入れ、実践してきたわけですが・・・
電子書籍である情報商材の価値は「価格は書籍の10倍、中身は1/10」
酷評されるくらいお粗末なものが7割を占めるのが現状でした。
それは、紙を媒体とする書籍と違って、
電子書籍は中身を見てから買うことができないという 性質であることから、
悪どい起業家がそれを利用して便乗した結果によるものですが・・・
そのために、あなたは情報商材があまり信用できなくなりました。
そして、購入する際は
「よくよく吟味してから・・・」というスタイルを取っているのですが、
その慎重さが時に、あなたの成功速度を落とすことがあります。
縁あって、あなたは当レターを読んでくれています。
当ガイドブックでは
メールマーケティングでレスポンスを上げるための秘訣が書かれていますが、
マーケッターのあなたはノウハウの習得だけでは満足しないと思います。

 


 

マスターリセールライト(再販権付)

 

自分で利用できます。

この商材を好きな数だけ再販売できます。

再販権を付けて再販売できます。

(あなたから購入した人も再販売できるということです)

× 無料配布はできません。

× 再販売用素材のみの有料販売、無料配布はできません。

× 商品PDFファイルの改変・改良はできません。

 

 

販売用ホームページ

今あなたがご覧になっているこのページを

あなたもそのまま利用することができます。

 

販売用ホームページは改変していただいても

そのままお使いいただいてもOKです。

改変された方がオリジナリティーが出て良いですね。

 

販売用ホームページを業者に頼むと

おおよそ5万円〜30万円かかります。

その販売用ホームページをお付けいたします。

※特典は本編と一緒にダウンロードにてご提供致します。

 

 

無制限の再販売権利

 

考えてみてください。

 

この商材をたった1つ再販売するだけで

投資したお金を回収できてしまいます。

そして、もう1冊売れば、

 

すべてがあなたの利益となります。

 

再販売で得た収入は、

100%あなたのものです。

そして、無制限に、

いくつでも再販売できます。

 

 

この商材に投資したお金が50 倍、

100 倍に膨らむ可能性さえ

秘めています。

 

あなたが失うものはほとんどありません。

このチャンスを見逃さない限りは。

 

 

■リセールライトビジネスにご興味のある方は、こちらをクリック

 



■商材(一覧)

   

 

商品紹介はこちらをクリック

 

 

※土日祝日(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)を除く
 3営業日以内、および申込が集中した場合はお時間を
 頂戴する場合がございますのでご了承ください。

 

 
 
あなたは得意な文章を活かしてネットビジネスを始めました。
そして、人の心を動かす文章を書きたいと思っています。
 
 
あなたもいくつか販売コンテンツをお持ちだと思いますが、
同じコンテンツをそろえるなら、 より良いものをラインナップしたいと思います。
 
 
このシステムを活かせば、
あなたは読者さんたちをお客さんに変えることができます。
 
 
また、ガイドブックのノウハウをビジネスに取り入れれば、お客さんからリピーターに。
 そして一番アツいお客である“信者”に変えることができます。
あなたの不安材料はこれで取り除きました。
取り除きましたが、
当ガイドブックはすべてのタイプの人に合う訳ではありません・・・

 


 

 
 
どんなに良いコンテンツでも、使う人が異なればその成果は違ってきます。
 
 
ある人が使えば、ビジネスを拡大させる“ダイナマイト”になったり、
また、ある人が使えば何の価値も生み出さず、
そのままパソコンの肥やしになったり・・・。
当ガイドブックのお目当てはもちろん、前者の方です。
ですので、下記に当てはまる方は、
たとえ手に入れても“宝の持ち腐れ”になる可能性が高いでしょう。
■起業準備中で、いつまでも行動しない方
■ノウハウコレクターの方
■メールコピーの重要性をあまり理解していない方
ですが、それ以外の方は、行動力もあり、
実践する中で独自のノウハウを築いていく。
どんなコンテンツでも必ずビジネスに活かし、培ったコピーの力で
さらに威力を拡散させようとしている。
今までの経験を踏まえても、成功される方は、例外なくこのような
『実戦即行動』タイプの方でした。
あなたはどちらのタイプでしょうか?

 


 
 

 
 
あなたは既にメールマガジンを配信する立場であり、
もっとレスポンスを上げたいと思っています。
 
 
もちろん、メールコピーの重要性を理解しています。
 
 
それには、今、何が問題で。どうすれば読者さんという、

将来の見込み客になりうる受け皿を、

 
 
ダダ漏れのザルから、漏れないバケツへ変えるかということですが。
 
 
その秘訣が当ガイドブックの中に余すことなく書かれています。
その身近な予想未来をここでお話ししてみましょう・・・
 
 
>>読んだだけなのに、メールの反応が上がった!
全30ページの内容に、
「どうせ薄い内容でしょう?」と心配になったかもしれません。
ただ、再販売の権利が付いたガイドブックの良いところは、
『無駄なく要点に触れている』ということで、
ダイレクトに重要な情報が入ってくる仕掛けになっています。
心配しなくて大丈夫です。
リセールの商品は、過去に実績のあった商品ですからクオリティーとしても問題はありません。
>>「レスポンスを上げたい・・・」
あなたは当ガイドブックを手に入れることで、まずノウハウを実践し、
自分のビジネスの中に取り込みます。
見込み客である読者さんの反応は、正直なもので、
あなたの商品に対する思いは知らない間に伝わっているものです。
あなたは当ガイドブックで、その価値を知りました。
価値を知ったあなたの文章は変わり、
見込み客を本当のお客さんに変えてしまう力を持つことになるでしょう。
>>「解除されるのが多くなった!どうしてくれるんだ」
いえ、それで構いません。
本来のあなたの味を出してファンになる方もいれば、離れていく人もいる。
あなたの持ち味を出してついてきてくれる人こそ、
本当のあなたのファンなのです。
あなたも奥さんや子供さんの前では、ありのままの姿でいると思いますが、
ビジネスも大きなファミリーと同じ。
なぜなら、アツいお客さんである信者の多い起業家さんほど、
そうやって成功していますから。
その証拠に、レスポンスが上がってきていませんか?
>>等身大のあなたでなければ意味がない!
実は、お客さんはあなたがスーパーマンでいることなんか望んでいません。
それに、演じるあなたもしんどいはず。
弱いところも、汚い部分もありのままにそのままに魅せてしまう。
それがそのまま、あなたの魅力となり、
より多くのお客さんが共感してくれることになるのです。
その方法とは・・・?
>>たかがコピー、されどコピー
メールでも、レターでも、FAXDMでも、
ネットでは文章が販売力を左右するだけに、コピーの力がモノを言います。
コピーを少し変えただけで、売り上げの1%があがる。
パーセンテージとしてみれば、低い数字ですが、
例えば、1000人の見込み客がいて、今まで1%の売れていたとしましょう。
その数、10人。でも、もう1%加わることによって、2%。
つまり、20人の人に売れるということにですね。
コピーの力を軽視すれば本来の利益を損ねることにもなるし、
重視すれば、レバレッジをかけたより大きな利益が生まれる・・・
顔が見えないネットの世界だからこそ、文字の威力は侮れません。
>>「本当に出品するだけで売れる?」
もちろん、ひとつ出品しただけでは売るのは難しいです。
でも、売るコンテンツが30や50あれば?
その中のいくつかは売れていきます。
商品のクオリティーはもちろんのことですが、
売る商品をいくつ持っているかで、レバレッジは異なります。
当ガイドブックをあなたのコンテンツのひとつとしてランナップすることで、
あなたの売り上げがアップする可能性はさらに高まるでしょう。
ここでは書ききれません・・・

 


 
 

 
 
ただ、話の腰を折るようで申し訳ありませんが、
すべての人にガイドブックをお渡しすることはできません。
 
 
お目当ては、ガイドブックをノウハウとしても活かし。
そして、ビジネスでも活用される意欲溢れるマーケッターの方。
さらに、当ガイドブックの性格上、
メールにおけるコピーの重要性を理解している方になります。
それ以外の方はご遠慮願いたいというのもあります。
また、意欲溢れる方すべてにお渡しすると言うこともできません。
なぜなら、
ビジネスは先に行動した方が利益を得やすい仕組みになっています。
ノウハウの取得はもちろん。
販売する傍からキャッシュまで生まれてしまう、
当ガイドブックにあなたはどれだけの投資ができるでしょうか?
この類のセミナーに参加する場合は、
通常でしたら一回当たり3千円〜5千円。
有名な起業家さんでしたら、
一回当たりでもその10倍はかかるかもしれません。
しかも、完全にノウハウを習得しようものなら、
一回だけでなく、何回も参加するハメになり、
結局のところ、驚くような金額を使いこんでいたということもあります。
それでは、家族を持つあなたにとっては痛い出費となります。
しかも、学んだことが完全に身に付くという保証もありません。
あなたの負担にならないためにも・・・
セミナー1〜2回あたりの 金額に相当する9,870円とさせていただくことにしました。
もちろん、e-bookという性質上、何度も読み返す分には追加料金がかからなく、
あなたは完全にノウハウを取得するまで、読み切ることができます。
しかも、リセールの性質上、リターンは100%あなたのもので、
売れば売るほど、あなたの元に返ってきます。
「ビジネスを加速させたい!」
「訴求力のあるメールを書けるようになりたい!」
そう思われる方は、お早めにこちらからお申し込みください。


※画像はイメージです
ダウロード版PDF30ページ



※本商品は全ての方に効果があることを保証するもの
ではありません。効果には個人差があります。

追伸
このマニュアルには特典があることを念押しいたします。
今、参加しないことで、手に入れないことで、
「あの時、手に入れておけばよかった」と後悔した時のあなたの思いは、
もしかしたら予想以上のことがあり得るかもしれません。
しかし、あなたのビジネスを拡大させる。
レスポンスの高いメールが書けるようになるのは、
真剣なあなた以外では無理なのです・・・。